岡部三千代

提供: Yourpedia
移動: 案内検索
岡部三千代さん
Michiyo Okabe, Okabe Michiyo
Michiyo Okabe 05.jpg
出生名 岡部 三千代(おかべ みちよ)
別名/愛称 ミッちゃん
国籍 日本の旗 日本
民族 日本人
性別 女性
生年月日 1970年(昭和45年)8月
生誕地/出身地 福井県三方郡美浜町
家族 両親と2人の姉
血液型
瞳の色
毛髪の色
肌の色 小麦色
ルックス 髪の長い、アイドル顔の美人
身長 161cm
体重 45kg(推定)
スリーサイズ B82・W57・H84(推定)
カップ
股下
身体備考/スタイル やせ型
出身校 美浜町立美浜中学校
福井県立美方高等学校普通科
明石短期大学教養学科秘書コース
成績 クラスでトップクラス
部活動 美方高校女子テニス部
 1987年4月
 3位(県ジュニアテニス大会16歳の部)
 1987年秋
 団体準優勝(県新人テニス大会)
 1988年春
 団体3位(県高校総体)
明石短大ジャズダンス部
アパート 兵庫県明石市西明石北町
アルバイト先 神戸市三宮のしゃぶしゃぶ店
恋人 米田和久(寿司職人)
将愛の夢 秘書志望
没年月日 1989年(平成元年)7月23日(18歳没)
死没地 兵庫県明石市本町の寿司店内
死因 外因性ショック死
死体発見 寿司店前の路上(全裸
葬儀 1989年(平成元年)7月25日
墓地
補足 明石短大生全裸殺人事件の被害者

岡部 三千代(おかべ みちよ、1970年8月 - 1989年7月23日)は、福井県美浜町出身の女子短大生身長161cm、スリムで健康的な美人

地元の高校を卒業後、兵庫県明石短期大学に通っていたが、1989年7月23日に恋人米田和久によって勤務先の寿司店で殺害され、全裸死体となって路上に遺棄された。

人物[編集]

殺された岡部三千代さんは美少女だった

岡部三千代さんは3人姉妹の末っ子で、地元の中学校から福井県立美方高校に進み、テニス部員として活躍。2年秋の県新人戦で団体準優勝、3年時の春季県総体で団体3位に入った。

男性を意識させない明るい子だった。

高校時代の男子同級生

3年間一日も休まずに練習し、いつも日焼けして真っ黒でした。勉強のほうもクラスでトップクラス。

高校時代の担任教諭

1989年4月、明石短大に推薦入学。秘書志望で、短大ではジャズダンスクラブに所属し、授業は欠席したことがなく、まじめな学生だった。神戸・三宮のしゃぶしゃぶ店に勤めていた。22日夕、「コンパに行く」といって下宿を出ていた。

いつも明るくほがらかで友達もたくさんいました。大学も4月から一日も休むことなく通っていた、とてもまじめな子でしたよ。

下宿の大家

毎週火曜に行われる課外授業のジャズダンスにも必ず出席していた。

明石短大事務局長

ゴールデンウイークに帰ってきたときに一緒にテニスをしたんです。薄く化粧してちょっと大人びたなと感じましたけど、それがついこの間のような気がします。

高校時代の担任教諭

明るくて、しっかりした子。男性に声をかけられてもついていくような女性ではない。

短大の友人たち

ごく普通の、明るい女の子だった。まさか事件に巻きこまれるなんて。

短大の上級生

学校の成績もよく、朗らかで明るい子だった。人に恨まれるような子ではなかった。

実家近くの人

アルバイトで帰省が遅くなると聞いていた。殺されたなんて信じられない。

近所の人たち

成績も良く、明るい子だった。こんなことになるとは信じられない。同窓生が夏休みにクラス会を計画しており、を見られるのを楽しみにしていた。犯人には怒りでいっぱいだ。

高校時代の担任教諭

明石美人短大生全裸殺人事件[編集]

岡部三千代さんの全裸死体[編集]

1989年7月23日午前3時15分ごろ、兵庫県明石市商店街の路上で、全裸少女が死んでいるのを、通行人が見つけ、110番した。

兵庫県警捜査1課と明石署が調べたところ、少女は同市内に住んでいた私立明石短期大学教養学科1年岡部三千代さん(当時18歳)で、現場近くの寿司店調理師、米田和久(当時30歳)の犯行とわかり、同日、殺人死体遺棄の疑いで逮捕した。米田は「乱暴しようとしたら抵抗されたので、殺害した」と自供した。

岡部三千代さんの葬儀[編集]

岡部三千代さんの葬儀

事件の知らせを受けた福井県三方郡美浜町の岡部三千代さんの実家では、電話の応対に出た母親が「10日ほど前に本人から電話があり、いまアルバイトをしているが、盆には帰ると話していたのに…」と、突然の訃報に言葉少な。父親とともに列車で現地へ向かった。留守宅では親類や近所の人が、遺体を迎えるため掃除に追われた。

司法解剖を終えた岡部三千代さんの遺体は7月24日未明、福井県美浜町の実家に無言の帰宅をした。両親に付き添われたは玄関から部屋の中に運びこまれ、奥の祭壇に安置された。

7月25日午前11時、実家で行われた葬儀には約100人が参列。家の周辺に飾られた花輪の芳名名札には「明石短期大学学長福冨芳美」「美方高校テニス部」などの贈り主の名が記されていた。供花が飾られた祭壇中央の遺影を前に、両親は人目もはばからず泣き崩れたという。

上の2人の姉は家を出ているので、末っ子のミッちゃんが帰ってくるのを楽しみにしていた。

知人

やがて出棺の時が訪れた。父親が持つ遺影を先頭に、親族に担がれた岡部三千代さんのは自宅を後にする。喪服姿の短大の友人や、制服姿の美方高校の後輩たちは手を合わせ、ハンカチで涙をぬぐいながら最後のお別れをした。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]